ホリデイ・トレッキング・クラブ
活動レポート

2019.04.13
のんびりと関ケ原合戦場巡り。
なるべく史実に基づいた行程で行ってみる。
ロードレーサーでは走行不能、MTBでは道中はつらい。
そんな時にもってこいのがグラベルロード。 

 
 
 

西軍が大垣城に陣を取った時、大垣の北のほうに位置するお勝山で東軍が陣をはったところ。現在は、頂きまで行くことができないようだ。

傍にまだ出来て間もない石碑がある。
 

関ケ原合戦の口火が切られた丸山から石田三成の陣を見る(一番右側)。ここに陣を取ったのは、黒田長政と竹中重門。この武士の親は、羽柴秀吉のあの軍司、黒田官兵衛と竹中半兵衛である。
 
 

徳川家康の最初の陣へ移動。(桃配山)
 

軍議を開いたとされる石が残っている。
 

徳川家康が進めていった最前線の陣。
ここから小早川秀秋の陣へ空鉄砲を撃ったとされる松尾山へ向かう。
 

小早川秀秋(松尾山)から望む。
この後、反対側へ降りていきぐるっと廻れるのが、自転車のいいところ。
ここはグラベルロードの威力を発揮といったところか。
 

大谷刑部の墓
 

この後、戦国ロードを走り、石田三成の陣へ
 

最後の決戦地から石田三成の陣を見る。
  
BACKNUMBER