ホリデイ・トレッキング・クラブ
クラブについて

山田 冨美雄


 競技から離れ、現在は大会のオーガナイザーを主としているが、根っこは自転車に乗るのが大好き。
20代後半のころ、峠を楽しんでいたころを思い出しサイクリングを復活しています。峠越え(パスハンティング)の面白さを知ってもらいたく活動したい。
西美濃地方の峠と名前がつく場所は、すべて越えています。越えることに徹していたころを思い出し、今は、楽しく越えるをプレゼンスしたい。

最近では、新穂峠から品又峠の周回サイクリング、鳥越峠など主に県境が多いが、今は面影を偲ぶ程度になった峠道を走るのが一番楽しい。