詳細要項

 

 

 ■競技規則等

 本大会は、2016年UCI規則、2016年JCF競技規則最新版、及び本大会特別規則を準用する。
 以下に記載されていない大会特別規則、決定事項はホームページならびに当日のコミュニケにて周知します。
 

■カテゴリー規定

◆本レース以外のAJOCC認定レースにおいて今シーズン通常カテゴリーで参加した選手は、マスターズクラスでの参加はできない。同様に、マスターズカテゴリーで参加した選手は、通常カテゴリーに参加できない。
◆エントリー受付後にAJOCCカテゴリーの昇格があった場合は最新のカテゴリーに変更して出走とする。
 

■車両規定

 1)C1、CL1カテゴリーに於いては、JCF/UCI競技規則を遵守のこと。
 2)C2及びCM1については、シクロクロスバイクでの参加を強く推奨となり、MTB車での参加者は最後尾からのスタートとする。
 3)上記以外、その他カテゴリーにおいてはシクロクロス車、MTB車等競技に耐える整備された自転車を使用のこと。
 4)CK(キッズ)クラスにおいては補助輪付きの自転車で出走することは認められない。必ず外すこと。
 

■服装規定

1) 所属するチームジャージが望ましい
     (C1、C2、CL1においてはUCI/JCF規定に基づく物を着用)
      アームウォーマー、レッグウォーマーは着用可とする、
      ただしノースリーブおよび筋肉補強機能衣類は認めない。
2)ヘルメットは公認されたものを正しく着装すること、また強く衝撃を受けた物は使用出来ない。
3)グローブは着用すること。
 

■エントリー時の諸注意

AJOCC対象のレースに一度でも参加したことがある競技者には、AJOCCコードが付加されています。
初参加以外の競技者は、エントリー時にAJOCCコードを必ず入力すること。
入力がない場合は、スタートグリットで決定する過去のランキング情報が取得できません。よって、フリーグリットとなることがあります。
AJOCCコード未入力によるスタートグリットの異議申し立ては、一切受付けません。
 

■スタートグリット

①C1、CL1のスタート順は、JCXポイント順、東海シクロクロスランキング順を元に決定します。C1、CL1以外のスタート順は、東海シクロクロス大会直前の順位を元に決定します。
②)上記①でスタート順番が決定した競技者は、シードグリット選手とし、シードグリットエリアで待機すること。スタート位置はゼッケン番号順とする。
なお、召集に遅れた場合は、シードグリット選手の最後尾とする。また、フリーグリット選手が並んでからは、フリーグリット選手の最後尾とする。
③上記①でスタート順番が決定しなかった競技者は、フリーグリット選手とし、フリーグリットエリアで待機すること。フリーグリットのスタート順は、フリーグリットエリアに早く並んだ順とする。

■複数カテゴリーが出走するグループのゴールについて

複数カテゴリーが時差でスタートする出走グループで、残留ポイントに関係ないカテゴリー(例:C4、CM3)は、いずれかのカテゴリーの先頭がゴールした場合、他のカテゴリーも含め、すべての選手がフィニッシュラインを通過した時点でゴールとします。 

■異議申し立て

異議申し立ては受付けない。
 

■その他

1)大会役員・係員等の指示に従ってください。従わない場合は出走停止、リザルト剥奪等を行う。
2)競技内容は参加人数や運営上都合により変更することがあります。
3)重要な変更は受付付近のコミュニケボード(公式掲示板)にて発表しますので、全員必ず確認すること。
4)天候の急変、重大事故が発生した場合等、競技続行不可能と判断した場合は、競技中、競技前に関わらず競技を中止にします。その場合でも参加費の返却は行いません。
5)競技中における負傷疾病等については、大会救護部に於いて救急初期手当は行いますが、治療に関しては参加者の責任とする。救急搬送に伴い医療機関での治療を受けるためにも、健康保険証を必ず持参する事。
6)試走は受付を済ませ、ゼッケンを着用した選手のみが所定の時間内のみに行えます。試走時はコース内に競技役員等が作業中の場合もありますので、注意して走行して下さい。
7)大会会場内は火気厳禁、禁煙です。ゴミは各自必ずお持ち帰りください。
8)レース中、自分のピットサポーターがいるピット場所以外での物品の投棄はペナルティ対象になります。
 (物品には自転車部品等も含まれる。ピット内に於いても使用前と同様に全ての物を持ち帰ること。)
9)ローラーなどのウォーミング・アップ用器具は、他の駐車の邪魔にならないようにすること。
10)大会開催中に於ける画像・映像・音声等、参加者は肖像権等が、主催者にある事を承諾したものとみなします。
11)大会会場周辺の公道での競技用自転車での走行は道路交通法を順守して下さい。
12)公園のゴミ捨て場は本大会に於いて使用できません。各自ゴミは必ず持ち帰り処分してください。
13)大会会場における盗難・障害等の事故・事件等は各自の責任とします。